外科手術、マリー動物病院

マリー動物病院

手術目的

私達、マリー動物病院(埼玉県川越市)では犬や猫などのペットが日々健康に過ごせることを目標に外科手術に取組んでいます。ペットが手術後も健康時と同じ状態で生活することが理想です。結果として、ペットと飼主さんの幸せにつながり、私達マリー動物病院の目的となります。

外科手術 外科手術

手術前検査

外科手術は、前提として全身麻酔が必要となりますので、手術前に血液検査やレントゲン検査、尿検査やエコー検査をすることでリスクを減らすことはできます。しかし、安全な全身麻酔はありません。検査結果により、手術後の合併症を予防する処置や、全身麻酔薬を選択することは勿論、麻酔の危険性が高まれば手術を中止する場合もあります。また、検査結果に異常がなければ高齢でも全身麻酔を行うことがあります。 手術前検査で絶対に安全を保証することはできませんが、飼主さんに全身麻酔と手術の危険性を話し、納得したうえで手術に臨んで頂くことがマリー動物病院(埼玉県川越市)では重要と考えています。


疼痛緩和と麻酔の選択

手術中や手術後の痛みを軽減する疼痛緩和療法を行っています。外科手術中や手術後の痛みを軽減することで全身麻酔の濃度を軽減し、手術中の安定した麻酔状態を得ることができます。埼玉県川越市のマリー動物病院では、犬や猫などのペット達の年齢や疾患の有無、手術の種類などによって麻酔薬を選択しています。これまで培った経験を基にそのペットに最適な麻酔を選択して手術をおこなっています。今後は局所麻酔を積極的に使用することが目標です。

手術分類

埼玉県川越市のマリー動物病院では神経外科 整形外科 口腔外科 消化器外科 腫瘍外科 泌尿器外科 生殖器外科等を行っております。それぞれの手術の概要は、犬や猫、ウサギなどの動物ごとに写真や動画とともに記載してありますのでご確認ください。(今までのHPにリンク)手術ごとにわかりやすく記載されています。


神経外科

ミニチュアダックスフントやコーギーなど足の短い特徴をもつ犬種では胸 腰部の椎間板ヘルニアの素因があり、発症しやすいことが知られています。少し痛がるなどの重症度の低い状態で来院する場合には、内科的治療を行いますが、重症度が増すにつれ、びっこで歩く、階段を登れないなどの症状で出てきます。さらに椎間板ヘルニアの症状が進行すると排尿できない、あるいは前肢のみしか動かないで歩くなどの症状が出てきます。その場合には、治療は手術がメインとなります。椎間板ヘルニアの手術の多くが、ほとんどが歩けない場合に行っております。また、同様の症状を示す他の神経の病気や整形外科の病気などもあり鑑別も重要となります。


整形外科

チワワやポメラニアン、ヨークシャテリア、トイプードル、マルチーズなどに多発する膝蓋骨内方脱臼、十字靭帯断裂、骨折手術、股関節脱臼などにも対応しています。特に膝蓋骨内方脱臼は、特に小型犬の飼育率が高い日本では、多発疾患と考えています。膝蓋骨内方脱臼は膝のお皿(膝蓋骨)が外れてしまう病気です。1歳未満の犬かあるいは10歳以上の高齢犬に多発する傾向にあります。内科的治療で改善することもありますが、基本的には解剖学的な問題ですので、外科手術で膝のお皿(膝蓋骨)が外れないようにするのが主流となります。次に十字靭帯断裂ですが、十字靭帯は大腿骨とその下の下腿骨を膝関節の中で繋げている役割をしています。そのため十字靭帯が切れてしまうと膝が不安定になり力が入らなくなりびっこなどの症状が現れます。マリー動物病院では、本来の膝の安定性を保つような手術を行っております。次に骨折ですが、昔の様に犬の交通事故は極端に減ったため、骨折は非常に少なくなりました。現在では、抱っこしていた犬を落とてしまった場合や犬の脚を踏んでしまった時に骨折は発生しています。いずれにしろ、小型犬の骨は細く折れやすいので注意が必要です。マリー動物病院では、骨折の手術は基本的にプレート固定を行っています。次に股関節脱臼です。股関節は骨盤と大腿骨を繋げる関節です。股関節脱臼は大腿骨が骨盤から外れて不安定になるためやはりびっこなどの症状を示します。マリー動物病院ではトイプードルと柴犬に多く認められる傾向があります。 原因は高所から勢いよく下りたりした時に何かの弾みに外れてしまうことが多い様です。マリー動物病院では、大腿骨と骨盤(寛骨臼)に穴をあけ、人工的靭帯で繋げることで再脱臼を防止する手術をおこない治療しています。ここでは、マリー動物病院で多い整形外科の病気と手術を紹介しました。

整形外科

消化器外科

犬でも猫でも最も多い消化器外科手術は異物誤飲による腸閉塞です。ゴムや紐 が、一般的ですが他にスーパーボールや靴下、ガーゼ、サランラップなどの経験もあります。犬でも猫でも嘔吐を繰返す、嘔吐や下痢、あるいは食欲がないなどの症状を示します。他に同様の症状を示す可能性が高い消化器腫瘍の手術も増加しております。犬を始めペットも高齢化が進んでいるため今後も増加することが予測されます。ほかにラブラドールやゴールデンレトリバーなど大型犬に起き易い胃捻転手術、異物や腫瘍などにより腸管腔内が詰まってしまう腸閉塞、消化管腫瘍、やはり腫瘍など原因として行う脾臓摘出手術、嘔吐や下痢などの原因を調べると同時に治療も行う試験開腹手術などがマリー動物病院では一般的な消化器です。

腫瘍外科

近年では犬や猫の他、ウサギなどのペットも高齢化社会になり腫瘍が増加して います。体表にできた腫瘍は発見もしやすいので、気付いたら来院して針生検をすることをお勧めします。針生検では細胞が採取できる場合も出来ない場合もありますので、外科手術と組み合わせて臨機応変に対処していくことが大切と考えています。急速に大きくなる、複数で形成される腫瘤はすぐに切除することもしばしばあります。一般的な皮膚腫瘍切除、大型犬に多い断脚手術や断指、精巣腫瘍や乳腺腫瘍切除手術などがマリー動物病院で行われている腫瘍外科です。何かおかしいなと思ったら、早めに診察をして切除が必要か否かを判断することが重要と思われます。

腫瘍外科


生殖器外科

何と言っても最も行われているのは去勢手術と避妊手術ですが、年齢が進むに つれて雌犬や雌猫のペットでは、外陰部から黄色い膿の排出などにより気付く子宮蓄膿症などの病気の割合が増加してきます。子宮蓄膿症は子宮に膿が溜まる病気で避妊手術をしていない中・高齢の雌犬や雌猫で発生しやすいことが知られています。マリー動物病院では、子宮蓄膿症の手術の他に子宮捻転、卵巣腫瘍、避妊手術などが行われている雌の生殖器手術です。雄犬や雄猫のペットでは、精巣腫瘍、精巣捻転、去勢手術や陰睾の去勢手術などがマリー動物病院で行われている雄の生殖器手術です。

泌尿器外科

最も多い疾患は結石を原因とした病気です。基本的に性別に関係なく、膀胱 結石や尿道結石が原因で血尿が続いたり、おしっこが出ないなどの症状を示して来院することが多いと思います。特に膀胱結石や尿道結石が原因で排尿が出来ない場合、膀胱破裂や腎不全の危険性がありますので注意が必要です。結果的に膀胱結石、尿道結石いずれも結石を除去しなければ症状は改善されません。当然、膀胱や尿道をあけて、結石を除去する手術が必要となります。他に膀胱腫瘍などがあります。


口腔外科と歯科処置

マリー動物病院における口腔内の処置は、基本的に乳歯遺残の抜歯と歯科スケーリング、それと歯根膿瘍や歯の痛みなどによる歯科処置と抜歯が基本となります。乳歯遺残とは永久歯が出ることで乳歯は脱落しますが、そのまま永久歯と共に乳歯が残った状態を指します。マリー動物病院では去勢手術や避妊手術の際に、乳歯を抜歯しています。また、犬や猫が高齢になると、歯石が重度に付着していることが多く、歯肉炎になっていることがほとんどです。さらに歯根周囲に細菌感染することで、歯根膿瘍などを起こします。その症状として、目の下が腫れたり、鼻の周囲が腫れたりすることが多くみられます。それと口腔内の腫瘤の切除などがマリー動物病院において認められる病気と思います。

口腔外科

感覚器の外科手術

感覚器の手術は、眼にかんしては、第3眼瞼突出(チェリーアイ)の手術や眼 瞼縫合、眼瞼周囲の腫瘤切除などが比較的多く行われています。特に眼瞼縫合は、 パグやフレンチブルドックなどの短頭種など角膜を深く傷つけた際や犬同士の ケンカで眼球が脱臼した際の手術として有効です。角膜を保護することで角膜 の再生を強く促すことが目的に行っております。犬の第3眼瞼突出も犬種によ り多発する傾向があります。これはチェリーアイと呼ばれている病気です。 耳に関しては、犬の耳血腫の手術が代表的です。耳血腫は耳介内部に血液を多量 に含んだ液体が貯留し、耳が膨れた状態になります。他にも耳の腫瘍なども認め られます。


試験的開腹手術・病理診断のための外科手術

これは、病理診断するためや、病理診断と同時に切除治療をするために行われます。たとえば、皮膚病を内科的に治療していても治らない場合に治療として患部を切除し、切除した組織を病理診断するケースや、下痢が持続している場合に小腸にどのような変化が起きているのか?小腸の一部を採材して病理組織診断し、その結果をもとに今後の治療方針を決めるケース、治療効果はあるものの明確な診断名をしりたい、治療を継続的に行うための根拠となるため診断してほしいなどの理由により行われます。猫の皮膚病では好酸球性肉芽腫やアトピー性皮膚炎などが代表的でステロイドを投与する根拠となっています。犬では治療と病理検査を兼ねて行っていることがほとんどです。

Copyright ©2017 Marie Animal Hospital. All Rights Reserved.