外科手術、マリー動物病院

マリー動物病院

手術目的

ペットが日々健康に過ごせることを目標に手術に取組んでいます。

外科手術 外科手術

手術前検査

外科手術は、前提として全身麻酔が必要となりますので、手術前に血液検査やレントゲン検査をすることでリスクを減らすことはできます。手術後の合併症を予防することや、麻酔薬を選択するほか、検査結果によって麻酔の危険性が高まれば手術を中止することもあります。逆に検査結果に異常がなければ高齢でも全身麻酔を行うことがあります。 手術前検査で安全を保証することはできませんが、飼主さんに麻酔と手術の危険性を話し、納得したうえで手術に臨んで頂くことが重要と考えています。


疼痛緩和と麻酔の選択

手術後の痛みを軽減する疼痛緩和を行っています。マリー動物病院では、年齢や疾患の有無、手術の種類などによって麻酔薬を選択しています。これまで培った経験を基にそのペットに最適な麻酔を選択して手術をおこなっています。今後は局所麻酔を積極的に使用することが目標です。

分類

神経外科 整形外科 口腔外科 消化器外科 腫瘍外科 泌尿器外科 生殖器外科等を行っております。それぞれの手術の概要は、写真や動画とともに記載してありますのでご確認ください。(今までのHPにリンク)手術ごとにわかりやすく記載されています。


神経外科

びっこで歩く、階段を登れない、腰を痛がるなどの症状で来院する椎間板ヘルニアの症例において、ほとんど歩けない場合、椎間板ヘルニアの手術など重症度の高いものがメインとなりますが、神経学的検査を行い、椎間板ヘルニアの手術に取り組んでおります。また、同様の症状を示す整形外科の病気などの鑑別も重要となります。


整形外科

チワワやポメラニアン、ヨークシャテリア、トイプードル、マルチーズなどに多発する膝蓋骨内方脱臼、十字靭帯断裂、骨折手術、股関節脱臼などにも対応しています。特に膝蓋骨内方脱臼は、特に小型犬の飼育が主流の日本では、多発疾患と考えています。また、加齢にしたがい十字靭帯断裂も小型犬で増加します。一方、骨折は少なくなりましたが、小型犬の骨は細く折れやすいので注意が必要です。骨折には基本的にプレート固定を行っています。股関節脱臼は、トイプードルと柴犬に多くみられる傾向があります。股関節脱臼にはトグルピン法にて手術を行っております。

消化器外科

ゴムや紐などを誤飲して嘔吐を繰返す、あるいは食欲がないなど異物を取出すケースや同様な症状を示す可能性が高い消化器腫瘍の手術も増加しております他、胃捻転手術、腸閉塞、消化管腫瘍、脾臓摘出手術、試験開腹手術などが代表的疾患です。


腫瘍外科

近年ではペットも高齢化社会になり腫瘍が増加しています。体表にできた腫瘍は発見しやすいので、気付いたら来院して針生検をすることをお勧めします。急速に大きくなる、複数で形成される腫瘤はすぐに切除することもしばしばあります。大型犬の悪性腫瘍などでは断脚手術、断指、体表腫瘤切除手術、乳腺腫瘍切除手術など。他にも腫瘍を切除することで再発を防ぐことが重要です。

生殖器外科

女の子のペットでは、外陰部から黄色い膿の排出などにより気付く子宮蓄膿症 などの手術を子宮捻転、卵巣腫瘍、避妊手術などが代表的です。男の子のペットでは、精巣腫瘍、精巣捻転、去勢手術や陰睾の去勢手術などがあります。


泌尿器外科

基本的には性別に関係なく、膀胱結石や尿道結石が原因で血尿が続く、おしっこが出ないなどの症状を示すことが多いと思います。他に膀胱腫瘍などが代表的疾患です。特に膀胱結石や尿道結石は排尿ができないため、膀胱破裂や腎不全の危険性があります。

口腔外科と歯科処置

口腔内の処置は、基本的に乳歯遺残の抜歯と歯科スケーリング、それと歯根膿瘍や歯の痛みなどによる歯科処置と抜歯が基本となります。それと口腔内の腫瘤の切除、下顎骨の骨折などが代表的疾患です。


感覚器の外科手術

感覚器の手術は、眼に関しては、第3眼瞼突出(チェリーアイ)の手術や眼瞼縫合、眼瞼周囲の腫瘤切除などが比較的多く行われています。特に眼瞼縫合は、パグやフレンチブルドックなどの短頭種など角膜を傷つけた際の手術として有効です。第3眼瞼突出も犬種によっては多発する傾向があります。耳に関しては、耳血腫の手術が代表的です。他にも耳の腫瘍なども時折あります。

病理診断のための外科手術

これは、診断するためや、診断と同時に切除治療をするために行われます。たとえば、内科的に治療していても治らない場合や、治療効果はあるものの明確な診断名をしりたい、治療を継続的に行うための根拠となるため診断してほしいなどの理由により行われます。猫では好酸球性肉芽腫やアトピー性皮膚炎などが代表的です。犬では治療と病理検査を兼ねて行っています。


Copyright ©2017 Marie Animal Hospital. All Rights Reserved.