椎間板ヘルニア、マリー動物病院

マリー動物病院

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは当院で最も力を入れている疾患です。椎間板とは背骨と背骨の間にあるクッション材です。本来、椎間板は背骨が滑らかに動くように存在しています。この椎間板は中心にゼラチン様物質を容れ、その周囲を繊維で囲んでいます。しかし、椎間板ヘルニアという疾患は、この周囲の繊維質が破綻し、中のゼラチン様物質が圧出して飛び出して、脊髄神経を圧迫する病気です。ミニチュアダックスフンドやコーギー、ビーグル、フレンチブルドック、パグを始めとする足の短い犬種は軟骨異栄養性犬種とよばれ、遺伝的にこの状態になりやすいことが知られています。また、椎間板ヘルニアは太っている、痩せているなどは関係せずに発症しており、遺伝的な側面が重要と思われます。ミニチュアダックスフントやビーグル、コーギー、フレンチブルドック、シーズー、パグなどの犬種と暮らしている飼主さんは気に留めておくとよいと思われます。


椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症例の初期には、歩きたがらない、動きがおかしい、歩き方がおかしい、キャンと鳴いたなどの症状が最初に見られます。椎間板ヘルニアが進行してくると、よろよろしている、起立できない、すぐに歩行できない、前足だけで歩行している、排尿ができないなどの症状を認められるようになります。これらの症状は、病態が進んでいることを示しています。症状はゆっくりと進むこともあれば、一気に進行することもありますので椎間板ヘルニアの症状の進行には気を付ける必要があります。いづれにしても椎間板ヘルニアの症状を認めたら安静にして受診することをお勧めします。

椎間板ヘルニアのグレード

椎間板ヘルニアの重症度とお考え下さい。この重症度は5段階で評価します。椎間板ヘルニアの重症度は、神経学的検査や症状と密接に関連しています。最初は、痛がるなどの症状を認めますが、最後は痛みを全く感じなくなります。また、神経学的検査は、椎間板ヘルニアのグレード決める重要な検査です。先ほどの痛みの認知も、神経学的検査で確かめることが出来ます。このグレートと症状を照らし合わせて、治療方針を決めます。基本的にはグレードにより椎間板ヘルニアを内科的に治療するか、外科的に治療するのかを決めます。症状が軽く、グレードが低ければ内科治療で、症状が重篤でグレードが高ければ外科治療となります。


椎間板ヘルニアの診断

診断は鑑別診断が最も重要と思われます。鑑別診断にはいくつか神経疾患が挙げられます。この幾つかの神経疾患があがることが重要で必要のない手術を回避できることもあるからです。その基本が神経学的検査、身体検査、血液検査、レントゲン検査、脊髄造影レントゲン検査です。鑑別によってはMRI検査、CT検査、筋電図検査などの高度医療検査が有効となることがあります。

椎間板ヘルニアの治療

症状とグレードを決めると行われます。川越市のマリー動物病院では、内科治療と外科治療になります。内科治療はグレードT〜Vで症状が緩慢な症例に行われます。外科治療はグレードV〜Xで症状が急な症例に行っています。各症例に合わせた治療法を選択しています。基本的には内科治療では、痛みなどを抑えることを目的に投薬して頂きます。外科手術では、脊髄神経を圧迫している逸脱した椎間板物質を取り除く作業になります。


予後
(今後の病状についての医学的な見通し)

内科治療を行っている場合は安静にして頂いています。外科治療を行った場合には、手術後少しずつリハビリを行っています。右の写真はミニチュアダックスフントをリハビリしている写真です。しかし、いったん自分で起立し始めると徐々に改善傾向となりますので、リハビリ等はお勧めしておりません。 また、椎間板は頸部から腰部まで幾つもありますので、別の部位の椎間板ヘルニアを発症することはよくあります。 また、脊髄融解症という脊髄神経の病気がありますが、椎間板ヘルニアからも脊髄融解症に移行することがあります。この脊髄融解症を発症した場合、治療方法はなく予後不良になることが知られています。

Copyright ©2017 Marie Animal Hospital. All Rights Reserved.