神経病、マリー動物病院

マリー動物病院

神経病とは

神経疾患は解剖学的に原因のある場所により、脳の疾患と脊髄神経の疾患と末梢神経・筋肉疾患に大きく分類することが出来ます。 神経病の原因の場所により類似した症状を示すことがあります。検査を組合せることで原因を探して、治療することになります。


脳疾患

てんかん、全般発作 部分発作 脳腫瘍 脳炎などが代表的な疾患です。

一般的に脳に問題がある時には、意識レベルに変化がでたり、痙攣したり、脳神経学的検査で異常がでるなどの症状があるものです。当院でできる検査は神経学的検査と身体検査および問診になりますが、脳疾患の可能性がある場合には画像健診センターに依頼してMRIの撮影をお願いしています。治療に関してはMRI検査画像などをもとに当院にて診察を行うことがほとんどですのでご安心下さい。

脊髄疾患

椎間板ヘルニア 脊髄梗塞 脊髄軟化症 脊椎椎間板炎 脊髄腫瘍などが代表的な疾患です。

症状としては、びっこをひく、歩きたがらない、動かない、痛がる、階段を登れない 後足が動かないなどの症状で来院されることが多いです。当院での検査は問診 身体検査 神経学的検査ですので、脊髄に問題があるのか?ないのか?を判断することが非常に重要となります。脊髄神経疾患の可能性が高いならば画像健診センターにMRI撮影を依頼します。治療に関してはMRI検査画像をもとに当院にて行うことがほとんどですのでご安心下さい。


末梢神経・筋疾患

モノニューロパチー、ポリニューロバチー、外傷後単肢運動障害、神経鞘腫、重症筋無力症、モノミオパチー、ポリミオパチーなどが代表的な疾患です。

末梢神経や筋肉に問題がある場合には、一肢のみに症状がでることもあれば、全身に症状がでることもあります。一肢のみ負重の低下、立ち上がれない、筋肉の菲薄化、痛がる、全く痛がらないなどの症状により気付くことが多いと思われます。これらの疾患は他にも様々な症状を示すことにより鑑別に苦慮することもありますが、複数の検査を組合せることで治療を行っています。

Copyright ©2017 Marie Animal Hospital. All Rights Reserved.