マリー動物病院 | 診察・入院

埼玉県川越市の動物病院、マリー動物病院

マリー動物病院 診察・入院

診察時間

診察時間のご案内

午前  9:00~12:00

午後  4:00~8:00

休診日:日曜午後 祝日

診察時間内にご来院ください。

* 通常の診察時間内の診察は予約の電話やメールは必要ありません。

診察の流れ

1. 問診票の記載と保険証の提示をお願いします。

診察の流れ

診察券を提示して下さい。あるいは、初診の飼主様は、主訴を伝えて問診票の記載をお願いします。ペット保険にご加入の場合には、保険証の提示をお願いします。
ペットは必ずリードを付けて下さい。あるいは、キャリーケースに入れてお待ち下さい。
当院ではアニコムとアイペットの対応動物病院です。
ご加入の飼主さんは診察券と一緒に保険証をスタッフにお渡しください。

2. 身体検査をします。

診察の流れ

身体検査を行います。身体検査は、体重を測定して、聴診器で肺や心臓の音を聴き、ペットに触れて異常がないか?確認したり、体温測定したりする作業です。
飼主さんにその結果を伝え、追加検査を行うのか?処置をするのか?薬を処方するのか?治療方針を決めます。
つまり、身体検査の結果を踏まえて、どうするか?ペット、飼主さん、獣医師で方針を決めます。

3. 治療方針を決めて、検査や治療を行います。

診察の流れ

治療内容によりメリットとデメリットなどもあるため、そのご説明をしたうえで飼主さんに治療方法を選択して頂きます。治療方針が決まったならば、それに基づき、検査や治療を進めていきます。もし、途中で変更したくなった場合にはお伝えください。

4. 経過観察

選択した治療を行い、症状などの改善があるのか?を確認して治療を勧めることが望まれます。内服薬がなくなる前に、経過観察のための来院が必要になります。
途中で副作用や症状の悪化が見られる場合などペットの調子がすぐれない時にはご来院下さい。
ご不明な点等がありましたらスタッフまでお知らせください。

支払い

支払い

検査や治療など当日の処置が終了した際は、お支払いをお願いします。当院は、現金もしくはクレジットカードによる支払い方法となります。

左に当院で取り扱いカードを示しましたので、ご覧下さい。なお、後日支払い等はできませんので、予めご了承下さい。

入院案内

入院については、入院室に空きがある限り可能です。入院の目的は、自宅や通院では出来ない処置や管理をすることです。具体的には静脈点滴が必要であったり、骨折などの手術の後に安静が必要な場合などに適用されます。
また、自宅では内服薬などを投薬できないなどの場合も当てはまるのではないでしょうか?いづれの場合も明確な目的がある場合のみ入院して頂いています。入院室はペットの大きさにより使用するケージが異なります。また、温度・湿度等についても適正に管理させて頂いています。

なかには入院が向いていないペットさんもいますので、その場合は通院など別の方法で管理することを提案させて頂いております。飼主さんが入院に向いていないと思っているペットでも実際は全く動じない子も多くいるのが現状です。

入院案内

入院の食事

入院中の食事に関しては、当院で使用している犬・猫のドライフードあるいはご自宅で普段食べているご飯を基本にしています。しかし、それらも食べないこともあります。それは、病気が原因かもしれませんし、食べたくないだけのことも多々あります。その場合には、処方食(病院治療食)を使用しています。

入院案内

散歩

入院案内

飼主さんの中には、散歩の要望をよく聞きます。散歩が可能な状態でしたら、散歩させて頂いています。なかには外に出ると、一目散にご自宅目指して他は目に入らなくなるペットもいますので、そのような場合には安全上の理由により散歩は控えさせていただきます。

休息

意外と入院しているメリットは、十分に睡眠身体を休ませることが出来る事だと思います。
入院中のペットは恐らく退屈でつまらないと思いますが、言換えれば十分に体を休めることができるのです。時折、入院中も一人で騒いでいるペットもいますが、殆どのペットたちは静かに過ごしています。時折、飼主さんが「ずっと見てますので」と言われることがありますが、ずっと見られるペットは本当に休めるのであろうか?と思ってしまう時があります。

治療

入院案内

病院スタッフが院内にいる時間は朝8:30~20:00になります。この時間内は、基本的にいるのですが、往診や獣医師会・会議や諸事情などにより不在となる時間も存在しますので、予めご了承ください。入院治療は、診察時間の始まる前や午前と午後の診察時間の間に行っています。また、20:00以降は不在となりますが、急変などの可能性がある場合には、飼主さんに事前にお伝えいたします。

面会

入院中の面会は診察時間内にお願いしています。また、面会については疾患等の特徴やペットの状態により制限することもありますので、ご了承ください。 面会時にはいつも食べている食事とリード等をお持ちください。また、新型コロナウイルスの流行もあるため、発熱のある飼主さんの面会や大人数の面会はご遠慮ください。

*整形外科手術後の面会はしていません。

*椎間板ヘルニア手術後の面会はしていません。

*1回の面会時間は15分程度とさせて頂いています。

TOP